REPORT

BUMP OF CHICKEN

2006年3月5日
2006 TOUR “run rabbit run”

 3月5日、国立代々木競技場第一体育館。この日はツアーファイナルでもあったのだが、彼らが最終日だからといって、メンバーが気負ったり、力んだりするというところはまったくなかった。1曲目は「カルマ」だった。勢いあふれるエネルギッシュな演奏。<僕らはひとつになる>というフレーズがステージ上と客席をひとつにしたいと願う藤原の思いのように感じられた。藤原の声のコンディションは決して良いとはいえない状態であった。時折かすれたり、裏返ったりもしたのだが、伝わってくるパワーは少しも損なわれてなかった。5曲目の「ロストマン」はひときは声援が大きかった。曲が進んで行くごとにどんどんエモーショナルになっていく藤原のスケールの大きな声。増川の透明感と広がりとを備えたギター。直井の温かみのあるベース。枡の凛としたドラム。バンドのダイナミックなアンサンブルも見事だった。「ツアー最終日になりました。色んなことがあったんですが、たいがい覚えていません。一個覚えていることがあるとしたら、バンドが十周年を迎えたこと。十周年であるとか、最終日であるとか、色々あるんですけど、しゃべることを思いつきません。でも声はでます。歌えます。」 そんな藤原のMCは、喋ることより歌うことが思いを届ける最良の方法との彼の思いだろう。中盤の「ギルド」、「太陽」、「embrace」、「銀河鉄道」あたりでは、彼らの音楽の懐の深さを感じられた。後半はバンドの奏でるグルーヴに乗って、客席が大きく揺れ続けた。「fire sign」では客席もコーラスで参加して行く。どんどんステージと客席が近づいてゆく。演奏が終わった瞬間には、藤原が「いっぱいいっぱい歌ってくれてありがとう」と一言。 さらに、藤原がアコギを弾きながら、「supernova」へ。ここでもみんな歌っている。その歌声は本編ラストの「オンリーロンリーグローリー」でも途絶えることはなかった。この日はダブルアンコールで「ダンデライオン」「ガラスのブルース」、さらには、「DANNY」が演奏された。思いが共鳴して行く。一つになっていく。<僕らはひとつになる>まさにこの言葉のとおりになったライブであった。

セットリスト