REPORT

L'Arc〜en〜Ciel

2005年9月24日
ASIALIVE 2005

 今回のASIALIVE 2005はShibuya 7 days以来のアルバムツアー以外でのライブである。アルバム曲が中心となるアルバムツアーより遙かに期待していた。さすが、ラルクといった感じで、開演直前には東京ドームという広い会場も空席は見当たらない程、埋まっている。まだかと待ちわびていると客電が落ち、メンバーが登場、1曲目はKilling Meだ。疾走感あるナンバーで会場を暖めると、Promised Land、Driver's Highとラルク定番曲が続いた。MCをはさみ演奏されたのはsnow drop。やってくれるとは思っていなかっただけに、とてもうれしい選曲である。そして、サプライズはもう一曲続いた。winter fallだ。中期の曲を2曲もたて続きにやってくれたのは、非常にうれしい。次にきたのはCaress of Venus。ライブでは定番のこの曲も、中期の曲の間に顔を見せると少し表情が違うように見えた。そして、HEAVEN'S DRIVEを演奏し、MCをはさみ、LOVE FLIES、叙情詩、get out from the shell、New World、自由への招待と最近の曲が続いた。tetsuのMCをはさみLOST HEAVEN、STAY AWAYと人気曲がきて、最後に2度目の復活の曲となるREADY STEADY GOで本編は終了。アンコールはお馴染みのP'Unc〜en〜Ciel。mily way、Round and Roundを演奏。kenはライブのたびにドラムがうまくなっきている。一番の驚きはこの次に来た。最近のライブではやらなくなっていた曲のイントロが聞こえ始めた。Blurry Eyesだ。鳥肌が立つぐらいうれしく、大はしゃぎ。どうやらこのコーナーはメドレーらしく、DIVE TO BLUE→浸食→花葬と続きメドレー最後にflower。初期、中期を織り交ぜたメドレーは泣くほどうれしかった。その後は軽快なHONEY、Linkをやり、メンバー紹介、そして、再度Linkを演奏し、瞳の住人で、20曲近く歌っているとは思えないほど、美しい声を聞かせてくれ、大ラスは8年前復活を果たしたときと同じ曲、虹。この曲にはメンバー、ファンともに特別な思いがあるのだろう。
こんなにシングル曲をやってくれるとは思わなかった。久々にこれだけの好きな曲が聴けて充実したライブだった。

セットリスト